--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.04

凸凹feeling。

今日は珍しくmixiで日記を書こうとしたんだけど、やっぱだめだったw
mixiは疲れる。
こっちで書きます。


今日、「私たちの留学の“真実”」を開催しました。

これはもともと昨年、私が留学の経験を伝える場を設けたいという気持ちで企画して、
留学生センターや留学生課のバックアップを取り付け(乗っ取られたとも・・・?)
RyugakuLove関係者の協力を募って実現させたもので、
昨年の成功のお陰で今年は留学生センターの方から「今年もやってください」とオファーが来てやることになったんだけど、、、

実際今年は私はあんま準備してない・・
去年は0からのスタートだったから、資料のフォームから作ったし、発表者も自分で説得して探したし、どんなことを話して欲しいかとかもイメージで考えて発表者に伝えておいたり、ビラを配ったり、ビラ張りもしたりしたんだけど、
今回は2回目ってのもあって資料のフォームは再利用だし、留学生課のスタッフの方が、参加者も募ってくれて、いろいろしてくれて、ホント自分を企画者と呼ぶ資格はありません;;;

私が働いたのは当日の企画と事前の打ち合わせとちょっとした連絡程度だったなー


去年と違って実感があまりなく当日を迎えてしまったから、発表するときになってドキドキしちゃったんだけど。。。。

でも大成功だったよ^^ 結果オーライ^^

去年より多くの人が来てくれたし、
時間通りに進んだし、
何より面白い、個性のある発表がいっぱい聞けたことに満足^^
皆話し足りなかったんじゃないかなーと思うと、
発表者多すぎたかな~

たくさんの協力してくれた人達に大感謝です。
発表者がいなくちゃ成り立たない会だし、
今晩は皆に感謝のメールを送ってからしか眠れませんw


すごくうれしかったことがね、去年のこのイベントに参加して、話を聞いたことがきっかけで海外に行ってきました!って子がいたの。
というか彼女は発表者の一人だったんだけど。

自分が行ったことが、(大げさだけど)彼女の人生に影響を与えることができてたんだと思うと、ものすごくうれしい一言だったな。
去年やってよかった。

今年の発表も誰かの心に届いていると嬉しい。届いてるといいな・・・

まだ来週、異文化コミュニケーションの授業でプレゼンするので、
そこでも情熱的に語ってきたいと思います



心配なのは来年以降・・・・
この企画は続くのかなぁ。。。

後輩にがんばってもらいたいところだけど。。。。
企画者の欄からRyugakuLoveの名前が消えるかも

今日は留学の真実が成功して嬉しかった反面、

とっても悲しいニュースを聞きました。


どうすることも出来ないけど、しばらくは悲しんでもいいよね、泣いてもいいよね・・・・


信じられないけど、受け入れるしかないようです。


ただ、涙が出るだけです。



お会いすることが出来て、本当に良かったです。



生きていても、もう二度と会うことは無かったかも知れません、、、


それでも、悲しいです。思い出がたくさんあります。


先生にもらった帽子も、手元にありますよ。


今年も、来年も、大切に使いたいと思います。



ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://manaka0610.blog68.fc2.com/tb.php/258-db496d78
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
まなかはいろいろ自分以外の人にも自分が経験した素晴らしさを伝えようとするし、次を考えることがすごいと思う。

うん、
人は泣きながら生まれながら、周りの人を笑わせるもの。
そして、笑いながら亡くなりながら、周りの人を泣かせるもの。

まなかの涙は、先生が生きたあかしでもあると思うし、
それが、先生の幸せでもあると思うよ。

悲しい時は、いっぱい泣いて、僕からもご冥福をお祈ります。
Posted by 匿名 at 2008.12.04 08:11 | 編集
そっか、そんなことがあったんや。。
詳しくはわかんないけど、
悲しいときには、泣くのが一番人間らしい。
いっぱい泣いた??

また落ち着いて話そうね。
Posted by kaori at 2008.12.18 23:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。