--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.04.17

モロッコ

着いた時からカルチャーショックは始まっていたよ。
前にも書いたけど、旅のメインはモロッコにあったといってもいい位衝撃的でした。


まず、飛行場からホテルまでお迎えを頼んであったんだけど、
その車自体タクシーでもないおんぼろカーで、着いたところはいかにも「路地裏」。「旅行者は一人で歩かないこと」ってガイドブックに書いてありそうな超危険な雰囲気の漂うところでおろされ、歩かされ、ホントにホテルに着くのかさえ不安になった。この時が一番怖かったわぁ。めっちゃ声掛けられたし。一人で来なくて良かったって本気で思った。
そして着いたところはさらに細い路地裏の小さな扉・・・
インターネットで調べたときは結構豪華なホテルだったはずなんだけど・・・・・・・・・???

恐る恐る中に入ってみると、そこはまるで別世界!!!
とっても綺麗で素敵なホテル?というか宿でした。
そしてそこのオーナーが超超超いい人だった!!!
モロッコのお金がないうちらにお金を貸してくれたり、
翌日の夜行の電車の予約をしてないうちらのこと本気で心配してくれて、チケットの手配を手伝ってくれて。。。。
そこで出会ったフランス人ファミリーも超いい人で、
夜ご飯一緒に食べに出かけようって誘ってくれた。
あの家族がいなかったらうちら絶対その夜は部屋に引きこもって一晩無駄にしていたよ。。。

夜のマラケッシュは夜とは思えないほど人がたくさん居て、夜の9時、10時でも子供が外で走り回ってるの。
細い道をロバが荷物をひいているし、交通ルールなんてあってないようなもんだし、ノーヘルのバイクが高速で細い道を突っ走って行くし、馬が大きい道路の真ん中を走ってるし、「こんにちわぁ~」言われるのはどこの国でもだけど、「ももたろう~」とか言ってる人もいるし(意味不)、物売り超しつこいし、逆にいくら?とか言われるし!、肉とか超グロく売ってるし(牛の頭だけとか)、生魚がそのまま外で売られてるし(暑いのに!)、鶏が小さいショーウィンドウに超キュンキュンで詰め込まれてるし、生きたカタツムリが大きなかごにいっぱい入って売ってるし、チェーン付きバイク(サイクルバイク?こぐところがついてるバイク。変。)なんて変なものも見たよ。あ、町の外れでらくだも見た!


最初の5分は「なんて突っ込みどころがたくさんなんだろう」という軽い感じだったのに、夜、ご飯食べて帰ってくる頃にはカルチャーショックを全身で感じていました。

こういう国に行くのはとてもいい経験だけど、興味だけで行くようなところじゃなかったのかも。ショッキングでした。もっと覚悟しとくべきだった。
行ったマラケッシュという町は観光地で、裕福な地域だし安全なはず。それでもかなり気を張って歩いてた。

あれでもモロッコはアフリカの中でも裕福な国。
そう思うと本当のアフリカをまだまだ見れていないので、もっといっぱい知りたいと思った。でも、、、一緒に行ってくれる人募集!!!
一人は無理ジャワ~~~


marakesh.jpg
昼間の路地裏。これ夜だったら相当怖いの想像できるでしょ~?!

yatai.jpg
夜の屋台。最後の夜に1度屋台で食べた。(他はレストランで・・・;;)安かったし思ってたより全然良かった♪

roba.jpg
いかにも年寄りロバさん。過労そうでかわいそう・・・

tatoo.jpg
ヘンナタトゥー(変なじゃないよ。)1ヶ月もつって言われたけど1週間でかなり消えた!!!

hebidansu.jpg
名物・蛇ダンス。蛇、首に巻いたよ~~~細くてほとんど死んでる蛇だったけど・・・・
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://manaka0610.blog68.fc2.com/tb.php/123-58baafe9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。