--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.11

北京行ってきたよ

今年は夏以降急ピッチでアジア旅行してますな

今回は11月7日~11日、3泊4日で中国は北京へ行って参りました

初のツアー旅行。初の中国!!

3泊4日、食事ホテル飛行機付きで25000円。

燃料費&空港利用料やらなんやらで+21000円。

超激安ツアー

安さの秘密は・・・・

国内線のような小さな飛行機で、

聞いたこともないような飛行機会社で、(機内食がパン3つとザーサイの小袋とかw)

郊外にある英語もろくに通じないホテルで、

お土産屋さんも普通に高いお店ばかり連れて行かれ、

車内販売でお土産を買ったり、

「会社からのプレゼントです」といってハンコの彫ってないやつだけ渡されて、「彫るのは1000円です」とか。

オプション別料金だったり。

・・・


それにしても安い。飛行機代だけでも25000円は無いでしょー

ちょっと不満があっても、値が値だけに、仕方が無い。

全体的には満足度高いです。
四川料理、点心料理、広東料理、山西料理、北京料理、上海料理と毎回違う料理でおなかいっぱいになったし、(北京ダックもおなかいっぱい食べれた)
世界遺産5つ(故宮博物院、万里の長城、頥和園(いわえん)、明の十三陵、天壇公園)も巡れたし、
本場、中国雑技団や京劇も見れたしね^^

ツアーで寄ったお土産屋さんが全部バカ高かったので、

お土産が1つも買えなかった・・・・;;;自分にも無しです。

韓国のインサドンで300円で買ったスリッパが1500円で売ってたり、

韓国で100円以下で買えるストラップ(あのよくあるやつ)と同じのが300円くらいしたり。。。

買う気おきないよねーーー=


思ったことはいっぱいあって、
書ききれないかも知れんけど、

まぁ、自分の日記なので、書きます。読みたい人だけ読んでください。


まず北京の印象。

*都市だけ見れば超大都会。東京よりもすごい。名古屋なんて比べられん。
*スモッグが凄い。200m先はもうスモッグかかってかすんでる・・・
*ビルが全部違う。ガラス張りが多くてギラギラしてるし、形もユニークなのが多い。土地はいくらでもあるから無駄にデカくて派手な建物をポンポン建ててる感じ・・・
*車が多い。中国は自転車のイメージだったけど、車の多さにビックリ。しかも外車ばかり!
*オリンピックのお陰で急ピッチに開発がすすんだものの、間に合わずに未だに建設中が多い。
*箱物ばっか多いけど、中にテナントが入らず空き部屋が多い・・・
*しかも↑この問題はあと20年したらもっと大きくなるだろう。一人っ子政策で人口が減って行くのは誰もが分かってるから、確実に不動産過剰。
*北京の郊外でも平屋は無い。土地の所有権は国が持ってるから、国に「どけ」と言われたら絶対に引越ししなくちゃいけないんだって=
*海外からの旅行客より国内の旅行客が多い。みんな少しずつ裕福になって国内旅行が今ブームらしい。
*歴史の建物もデカイ。平安門広場とか、故宮博物院とか、広い広い。歩きつかれる!
*中国人の愛国心が少し理解できた気がした。
まずは4000年近い立派な歴史がある。そして現代の都市は大きなビルばかりで近代的で、エネルギーがみなぎってる。
これだけの進歩を短期間で進めることが出来たのは自信になるわ。

こないだ読んだ本にあった一節「毛沢東が残した最大の功績は、彼が死んだこと」。
確かに彼がもっと生きていたら、今の中国の発展は無かったかもしれん。
もちろん、中華人民共和国があるのは彼の功績でもあるけど。
それにしてもなぜ天台門には毛沢東の肖像画がいつまでも飾られ続けるのか・・・
個人崇拝はよくない!


いっぱい書いたのでこなへんで写真を・・・・

大都市・北京(これはまだまだ郊外の写真。ビルの凄さを見せるいい写真が無かった;;;)
都市・北京

北京ダックの老舗、全聚徳の本店。その横にある時計台の文字盤は『絵』。建物はもちろん空。
ここはオリンピックのために作った、明清代の街並みを再現した新名所「前門大街」。
前門大街2

前門大街の開発は間に合ってなくて、絵でごまかした街並みもあった。
前門大街

足ツボマッサージ。やってくれる子は皆20歳前後の地方から出てきた若い子ばかり。
なんだか、悲しくなった。どこのお店も店員は若い人が多くて、出稼ぎに来てるんだな~
足ツボマッサージ

頥和園で太極拳やってたおじちゃんと記念撮影。モンゴル族の人で、小学生のころに日本語を少し習ったらしく、「にっぽんのともだち」と言ってた。
中国人は目の前に水や自然があると太極拳をやりたがるようだ。
太極拳

鳥の巣に帰る鳥になった私。
鳥になって・・・

一番中国らしい場所?テレビでもおなじみの天安門
天安門広場

夜の天安門。週末と祝日だけライトアップされるらしいけど・・・・
夜の天安門

旅の食事のハイライトでもある北京ダック!その場で調理してくれます。
ナイフを入れるたび中から油がジュワァ~っと出てきます。
北京ダック

中国では北京ダックは身も食べる。皮だけだと脂っこすぎるかららしい。
おいしかったんだけど、脂っこすぎてたくさん食べられるものではない・・・・
残してしまったよー!もったいない!
北京ダック2

そしてそして、、、万里の長城!!
凄いです。中国で万里の長城が作られていたとき、日本はまだ縄文時代・・・・・
歴史の差を感じる。しかもこれは6000mも続いているって。。。作るのに何年かかったんだろう。。
万里の長城

続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 17:30 | 旅行 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。