--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.07

今暇かい?

旅行記を一気に書きました。
興味があって時間がある人は是非読んでみてください☆
3つに分けて書いたので、
冬旅日記①からお読みください☆

では。。。
スポンサーサイト
Posted at 01:59 | 雑記 | COM(2) | TB(0) |
2007.01.07

冬旅日記③

さぁさぁドンドン書こう。
年明けからです。
360度花火というのも素敵でした。31日は昼からあちこちで花火があがっていたけど、年越しの瞬間、時計見てなくてもあ、今日付変わったんだなって分かるほどの花火があちこちで上がってた。

そして1月1日、年明けた約20分後、空を見たらオーロラを発見しました。
とっても小さいオーロラで、数分で消えてしまいましたが、
でもオーロラでした。動いてました。
感動よりも見れた嬉しさが上回ってました。
2006年の大殺界を無事乗り越え、2007年に突入した直後のオーロラ。
今年はすばらしい年になる・・・といいな!
でも貪欲な私はすぐに「もっと見たい」と思ってしまいました。
結果から言うと、帰る前夜の夜中に偶然起きたあさみちゃんがこれまた小さくて短いオーロラを発見し、見れたので2回見たのですが、
私がキルナを発ったその日の夜、もっとしっかりしたのが見えたようです。
私の人生ってこんなもんですよね。
でもこれはまた見に行くチャンスをもらえたとプラスに考えよう。

1月1日は二日酔いで特に何もせず。。“例年のように”ゴロゴロしてました。
2日はアイスホテルに行きました。
よっちゃんとあさみちゃんはすでに行っていたので、一人でバスに乗ってユッカスヤルビというおいしそうな名前の街まで行って見てきました。
アイスホテルは普通の部屋とスイートルームがあって、スイートルームは1部屋ずつ違うデザイナーにデザインされた部屋で、1部屋1部屋見て回った。

ABSOLUTE ICEBAR
20070107011009.jpg
コップも氷。

icehotelsweetroom1.jpg
氷のベッドの上にトナカイの毛皮。
この上でさらにもこもこ寝袋に包まり、もこもこの服を着て寝るらしいけど、寒さもだけど寝心地の悪さで寝れないんじゃ・・・
↓こういうラブホちっくな部屋もあり、
icehotelsweetroom2.jpg
どの部屋も素敵だったけど、やっぱり泊まりたいとは思わなかったなぁ。
icehotelsweetroom3.jpg
トナカイの毛皮と一体化しつつある日本人発見。↓
icehotelmedmanaka.jpg
↓ICE CHURCH
icechurch.jpg
ここで結婚式しても華奢な花嫁にはなれないなー


そして3日はキルナを発ち、44時間に及ぶ復路に着くのでした。

復路も旅の続き。
Kiruna→Narvik(ノルウェー)の電車からの景色はすごく綺麗だった!
日が短いせいで途中から暗くなっちゃったんだけど、樹氷とフィヨルド・・・感動だったよ。オーロラより感動だったさ。
20070107012751.jpg

↓分かりにくいけど、月がすごく大きかったの。しかもちょうど満月。
silverfrost2.jpg

北極圏なのに凍ってない川。これがフィヨルドなんだなぁ~。感動。
fiord.jpg

Narvikからのバスもフィヨルド沿いを進むからウネウネウネウネ。
月も星もでかい。
この天気ならオーロラ見れるんだろうなぁと未練を残して空を見上げていたらいつの間にか就寝・・・
アナウンスで起きたらバスが船に乗り込んでてビックリ。
入り組みすぎて船の方が有効なんだね。
多分この景色は夏に見てもすごくすごくきれいだと思う。
ので、夏にノルウェーに行くこと決めました。
キルナ(電車)→Narvik(バス&船)→Fauske→電車→Trondheim→電車(バス)→Oslo→電車→Lund
やっぱり何か起こるんだよね。なんとTrondheimからOslo行きの電車がなぜか途中でストップ・・・アナウンスがノルウェー語だけで何を言っているのか分からなくてキョロキョロしてたら後ろの席の夫婦が助けてくれた。感謝。結局乗客全員バスに乗りかえてOsloに行くことに。余計に3時間かかった。
こないだのポルトガル旅行の帰りのバス爆発を思い出した。なんか帰りの交通、ついてないな~。
3日の朝10時にキルナを出て、5日の朝6時にルンドに着きました。
意外とあっという間だったよ。ほとんど寝てたから5日は一日起きていられたし。
44時間掛けて戻ってきたってコリドーの人に言ったらまじびびられたw
いいやん。アホな伝説作るの大好きだし。w
でも44時間あったら日本に行って帰ってこれるね。アハハ

それにしても、やっぱルンドは落ち着くな。
ここが私のHomeです。

旅でお世話になった皆様、お世話になりました。ありがとうございました。
出発前はどうなるか分からなかったけど、素敵な旅になりました。
さぁて、後期の授業モードかぁ~と思いきやまだ明日からおねえちゃんが来るのでまだまだ楽しくなりそう~

一気に旅行記書いたよ!
全部読んでくれた人、ありがとう。
相変わらずまとまらない文章でごめんね。

ではでは皆さん。
あけましておめでとう。今年もよろしく!!!

じゃ!

Posted at 01:57 | 旅行 | COM(0) | TB(0) |
2007.01.07

冬旅日記②

27日の夜Hedemoraを出て、28日の朝、bastuträskという日本語で言うと『水浸しサウナ』という意味の不思議な駅に到着し、そこからさらに車で20分くらい掛けてDavidの住むNorsjöという街に行きました。

☆Norsjö☆
28日はDavidのお母さんからサーミ人についてのレクチャーを受けたり、散歩したり、高校に侵入したり、Davidの友達と恐怖の雪上ドリフト体験したり、映画みたりして、
29日はDavidのお母さんのサーミ人のお友達の家に連れて行ってもらいました。
その家庭は今でもサーミの伝統を守っている家庭で、トナカイを飼っているし、家にサーミのテントもあるし、娘さんはサーミの専門学校のような高校に通っていたらしく、縫い物が得意で毛皮の帽子や皮のかばん、民族衣装まで作れるようでした。

その家庭が飼っているトナカイ。とってもシャイで繊細で、あまり近づけなかった。
reindeer.jpg
群れになって走っていく様子はサンタクロースを思い浮かべる、なんともノスタルジックな光景でした。

彼女が作った、サーミの伝統衣装まで着せてもらいました。
sami.jpg
気分はリトルワールド。
そしてとなかいの肉の料理もご馳走に。旨旨旨。
ここでもサーミのことを色々聞けて、貴重な体験ができた。ありがとうございました!
おみやげにとなかいの角をいただいた!
私的には嬉しかったんだけど、周りの反応は・・・
ちなみにトナカイの角のパウダーは中国では精力剤に使われるらしい。

30日は感謝をこめてDavidパパママに日本食のご馳走。
だし巻き卵とポテトサラダはうまくいったけどたけのこご飯は失敗・・・
でもおいしいって言って食べてくれた。ありがとうございます!
ダビッドのママは特に好奇心旺盛な感じの人で、いろいろなことを知っているし、いろんなことを教えてくれた。
日本のこともたくさん聞かれたけど、あまりうまく答えられなかった・・・悔。


そして最終目的地、Kirunaに向かいました。(水浸しサウナ駅から約5時間)

☆Kiruna☆
キルナ駅にはあさみちゃんとよっちゃんが迎えに来てくれて、
その夜のうちにスノボに繰り出しました。
といってもよっちゃんの家から歩いて行って、自分で登って滑る小さなゲレンデで、着いたときにはもう疲労度85%、上まで登ったときには疲労度120%で、結局2回ちょっとしか滑れなかった。
snowboard.jpg
最初地元の子供たちらしき人たちが居たけど、いつの間にか3人だけになってた◎
こんなちっこいゲレンデなのに照明あるなんてすごい!って思ったけど、日照時間が数時間しかないこの地で照明なかったらなんもできないのね。遊ぶのは夜でも昼でもかわんないのさ。

滑ったって言えないけど、一応“北極圏でスノボ”の目的達成。

31日・大晦日!
大晦日に、私たちはサーミツアーに参加し、トナカイを捕まえたり、トナカイぞりに乗ったり、ラボっていうサーミのテントでトナカイの毛皮の上に寝そべってサーミのお話を聞いたり、トナカイの肉を食べてました。

20070107002343.jpg

labo.jpg

reindeermeat.jpg

トナカイさんは1人1周連れて行くだけで相当疲れるらしく、犬のように舌を出していました。お疲れ様です。

ツアーの後、散歩しがてら、スウェーデンで2001年に1番綺麗な教会という名誉ある賞を受けたキルナ教会に行った。
20070107002847.jpg

中より外観が立派です。
中に入ったら、神父さん(女の人だったけど)に声を掛けられて、4時から結婚式があるから見てっていいよと言われ、
お言葉に甘えて知らない人の結婚式に参列してしまいました。大晦日なのに。
その夫婦は子供が2人いる夫婦で、ちっこい方の男の子が夫婦が誓いの言葉とか交わしてる間に祭壇上とかを走り回って好き勝手してて、他の参列者も苦笑。夫婦もアワアワしてた。w

豆知識
スウェーデンはこの夫婦のように、子供が出来てから、結婚する人はたくさんいるんだよね。同棲でも結婚と同じ法的権利が受けられるから結婚する必要がないんです。
同棲生活を30年とか続けて、子供が独立してから結婚するという人も普通なの。
日本人とは全然違う考え方の1つだよね~。
私は結婚したいですけど。


31日の夜はよっちゃんの友達たちとのパーティー。
年明けの瞬間は外であちこちで上がる花火を見ながらでした。。。。


長くなったので続きは次で・・・
Posted at 00:18 | 留学生活 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。