--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.30

グループワーク

こっちに来て、1ヶ月が経ちました。
本当にあっという間!!!毎日が楽しいけど、英語力が伸びたのかは・・・
スウェーデン語は元がホボ0だった分、多少は伸びたものの、やっぱり全然です。

でも海外に1ヶ月住むだけで英語が話せるようになったら誰でもペラペラになれるっちゅーねん!ってプラス思考になってみる。
寮の人とまだあまり仲良くなれてないのも、悔しさをバネにするための糧と思って踏ん張って乗り越えて1年後には泣いて別れる仲になってやるのだ。

今日、こっちに来て初めてのexaminationがあった!!!早いね。
examinationって言っても、グループワークのプレゼンだったんだけどね。

Swedish society and everyday lifeって授業なんだけど、
スウェーデンの特別だと思うところを観察してレポート提出とプレゼンが1個目の課題だったの。

私のグループは台湾人のCarol、ポーランド人のAnia、ドイツ人のHelene、アメリカ人のAaronで、スウェーデンの障害者についてプレゼンしたんよ。
ここまでたどり着くまで、大変だった!!
まずHeleneが交通事故にあって全治6週間の大怪我。
街に出てこられないから、ミーティングはHeleneの寮でやったんだけど、Heleneの寮がルンドの学生寮の中で一番遠いところにあって、いつも4人で集まってはチャリで20分くらいこいで行くはめに。
(信号のほとんどないところを高速で20分だから結構遠い)
Aaronは二度も約束をブッチするし。
私は全然英語話せないし。
話せなくて迷惑を掛けている償いにお菓子買って行ったり、Heleneに花持ってったりと、健気な努力をしてみたり・・・

言ってることはまぁまぁ分かるんだけどね、ディスカッションのハードルは高いよ~~

色んな人に手伝ってもらって、(特にヨーナス、ありがとう!)レポートも書いたし、プレゼンも原稿作ったしPower Pointも作ったし、無事済ませることが出来ました。
無事終わって良かった。経験値もUPしたに違いない!

うちの班のプレゼンは、普通だったんだけど、他の班のプレゼンはすごく凝ってて面白かった~~~!
"What Role Does Coffee Play Within Swedish Society & Everyday Life?"というテーマだった班は、スウェーデン人がかなり頻繁に“FIKA”(コーヒーブレイク)することについて観察したり、自分の国と比較してプレゼンしたんだけど、
全員にコーヒーとクッキーを配って、スウェーデンの“典型的”なFIKAをしている感じでプレゼンしてたし、

"Swedish Society Interpreted by the Level of Formality Observed in Lecture's Age,Dress Code,and Relationship to Students."についての班は、プレゼンの始めに2つの異なるタイプの教授(アメリカなどで見られがちな、スーツでびしっと決めて、年配で教授オーラに包まれてて近寄りがたいタイプ①と、スウェーデンでよくある、普段着で、コーヒー飲みながら和やかな雰囲気で講義するフレンドリーなタイプ②)を演じたりして、凄く面白かった!!
厳格なタイプ①を演じたスイス人は、このためにスーツを着て、髪を白色スプレーで染めて、しわとかも書いて来てて、最初教室入ったとき、どこかのお偉いさんがプレゼンを見にやって来たのかと思ったくらいなりきってた。

日本じゃあまりみられないプレゼンだよね。本当に面白かった。

この授業のもう一回のテストは1週間でレポート10枚・・・
大変じゃよ。考えたくないよ。

続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 06:15 | 留学生活 | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。